「半分の月がのぼる空〈2〉waiting for the half‐moon」秋庭里香のヒロイン性について