千歌「ダイヤさん!お互いの好きを交換しましょうよ♡」ダイヤ「はぁ……」