「亜麻色の髪の乙女」が島谷ひとみの歌だという風潮