三浦祥朗「思い立って、薬箱の使用期限が切れた薬達をポイッてしたら……ほとん…」