佐藤拓也「決まったのです。 朝があれば夜が 闇があれば光が ...そんな感…」