西田望見『もずく…夕飯はもずくになったかなあ……』