古泉「……彼女が欲しいんですよ」 キョン「……そうか」