ちひろ「ちょっと、どこ触ってるんですか!」P「大丈夫です」