代表的な台詞とされるが一度も言ってない