『星野、目をつぶって。』ありがとう…ボクらはこれを待っていたんだ…