帆世雄一「これ、、、めっちゃよくやってしまうやーつ… 食べ過ぎてたんだな…」