善子「もし、超能力者(レベル5)の力を使えたとして」 千歌「はぁ」