神尾晋一郎「紅月の過去…… いまわたしばくしつづきでもろもろひけるきがし…」