マミ「いっぱいあるんだから、少しくらい売っても大丈夫よね」