まどか「明日は何の日でしょう」 マミ「煮干しの日」