ある門番たちの日常のようです【後半】